☆花とゆめも読み放題対象☆3カ月99円キャンペーン実施中!kindle unlimited詳細はこちら

【メルカリ】トラブル 普通郵便が届かない!?事例と対処法をご紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
メルカリトラブル 普通郵便届かない

こんにちは。ぽたぽたです。

みなさん、「メルカリ」利用されていますか?ぽたぽたはメルカリ愛用者です。

ぽたぽたはこれまでに約400件のお取引歴があり、すべて良い評価をいただいています。ですが、先日初めてトラブルが発生してしまいました…(;_;)これからその事例を紹介します。

結論から申し上げますと、フリマ経由の普通郵便はトラブルになる可能性が高いです。中でもトレーディングカード系の普通郵便は特に危険ですので、メルカリ便利用が安全です。

どうしても普通郵便を利用したい方は特徴のある封筒や包装紙を使い、郵便配達員さんに少しでも印象づけておくことをおすすめします。

目次(各項目にとべます)
スポンサーリンク

メルカリ トラブル案件 「普通郵便が届かない」

メルカリで売れた商品を発送するには主に「ゆうゆうメルカリ便」「らくらくメルカリ便」「郵便局の郵送方法利用(普通郵便・レターパック等)」「梱包・発送 たのメル便」があります。

この中で普通郵便(定型・定形外)」と「スマートレター」は追跡サービスがないので、あまりおススメできません。

事例

先日メルカリ内でトレーディングカードを販売し、普通郵便を利用しました。

同日、他にも複数のカードが売れ、翌日お取引分のカードをポストに一斉投函しました。2.3日もすると商品受け取り通知が続々と届き、取引は終了していきます。

しかし1件だけ何日経っても受け取り通知が届かない…。

ポスト投函から6日後、メルカリサイトより「購入者に取引進行の通知を行いました」というタイトルの通知が届きました。ざっくりまとめると「受取評価の対応が確認できないので、購入者様に商品の到着状況について確認通知をしました。購入者からメルカリに連絡があった場合は取引は自動で完了しません」という内容です。

商品が届かないので、メルカリに連絡します

翌日購入者様から↑の連絡が入り、メルカリサイトから「【重要】事務局からのお知らせ」の通知が届きました。

メルカリ 調査依頼サービスの案内

通知の指示に従い、郵便局の郵便物等事故調査依頼サービスを初めて利用することに。

郵便局 郵便事故等事故調査依頼サービスとは

郵便局の郵便事故等事故調査依頼サービスとは普通郵便(定型・定形外)など追跡サービスがついていない郵便物がどういう状況なのか調査してくれるサービスです。

発送者が投函したポストの管轄の郵便局~受取先までの通常配達ルートの経由郵便局や、最後の配達員さんへの聞き取り等、非常に細かく辿って調査してくださります。

●申し込み方法

 調査依頼インターネット申し込みサイトhttps://yubin-chousa.jpi.post.japanpost.jp/omoushide/top.doもしくは最寄りの郵便局(投函したポストの最寄りがベスト)

●伝える内容

 ・出品者と購入者の住所、氏名、電話番号

 ・郵便を出したポストの場所と、投函した日時(〇時頃まで詳しく)、郵便窓口から発送の場合はレシートが残っていれば尚可。

 ・郵便物の大きさ(規格内か規格外)

 ・郵便物の中身

 ・郵便を梱包した梱包材の特徴(色や素材、ショップの紙袋ならそのショップ名など)

  ひとまず郵便物に関して分かることはすべて細かく伝えましょう。

ぽたぽたはインターネットから申し込み、翌朝郵便局から申込受付の電話がかかってきました。問い合わせ内容について再確認があり、今後の調査の流れを教えていただきます。

調査の流れ

①郵便局から受取人(購入者)宛に、郵便物が届いていないか確認の手紙を発送

②受取人からの返信(まだ届いていない)が確認取れ次第、郵便物の配送ルート(経由した郵便局)全てに配送漏れがないか確認が入る

最後の経由した郵便局~受取人の住所までの配達員まで確認を取ってくださるようです…!

郵便局の最初の連絡から1週間後、①の状況について連絡が入りました。

「受取人に郵便を送っているが、返信がない。その近辺の配達担当者にも直接自宅まで訪ねてもらっているが、応答がないので、②の段階に移行させていただく」とのことでした。

そしてまた1週間後、郵便局から連絡。

「経由先全ての郵便局において、配達漏れはなかった。近辺の配達担当者に時間を変えながら数回自宅を訪ねてもらったが、やはり応答がない。引っ越し等の住所変更もなく、住所は間違いないと思う。近隣の方から配送間違いの連絡も特にない。こちらとしてはもう手詰まりなので、調査を打ち切りにしていただきたい」とのことでした。

郵便局の方には十分すぎるくらい調査をしていただいたので、調査の打ち切りは勿論承諾。

 スポンサーリンク

郵便物等調査依頼が終わった後は

メルカリサイトの問い合わせから調査結果の報告が必要です。

郵便局の調査依頼時の調査発行番号とパスワードと併せて『あまり疑いたくはないが、受取人(購入者様)から全く応答がもらえない状況だった。購入者様は過去にも同じトラブルがない方なのでしょうか?』と一言付け足して報告しました。

メルカリサイトからは以下の返信が届き、取引はキャンセルとなり、出品者・購入者両方に返金されて今回の取引は終了しました。

メルカリ 取引キャンセルの連絡

私が付け足した質問に対しては何も触れられていないですね。まぁそりゃそうか…。

取引を終えて思ったこと

非常にモヤモヤする形で取引は終わりましたが、ぽたぽた自身にも何点も反省点がありました。

【ぽたぽたの反省点】

①発送してから3・4日後に受取人に一度状況確認をしなかった

 →商品受け取り通知がないのは購入者様の評価忘れだと思い込み、郵便が届いていないと思っていなかった。自動取引終了前に状況を知り、初動が遅れたためメルカリの管理から一度離れてしまった。(※メルカリの管理下なら「取引キャンセル」を選択できたが、管理から離れたことにより「取引キャンセル」が出来ず、郵便調査依頼をするしか選択肢がなかった

②郵便等事故調査依頼サービスを知らなかった

 →普通郵便等の追跡サービスがない発送方法に対して調査依頼サービスがあるのを知らなかった。購入者様に商品が届かないと言われたときに、様子を見るしかないと思っていた。

③購入者様とのトラブル悪化を気にしすぎて、郵便局の調査協力依頼を購入者様に強くお願いできなかった

 →結果的に購入者様からは全く応答いただけず、郵便局の方に非常に手間をかけさせてしまった

もっと自分が早めに動いていたら、多くの方々を巻き込まなくてすみました。結果的にこの取引が終わるまで約1か月もかかりました‥。調査にご協力いただいた方々には感謝の気持ちで一杯です。

一方気づいたこともあります。

一度メルカリの管理から離れた場合や取引がキャンセルになった場合、取引の評価がつけられません。

今回購入者様の下に本当に届いていなかったのかは定かではありませんが、今回のように取引がキャンセルされた場合、評価がつかないので相手方のプロフィールを見ても悪い評価もありません。ということは取引前にプロフィールを見ても、その方が信頼できる方かどうかは、自身で判断するしかありません。

今回のご購入者様はこの取引の後、プロフィール名が変わっていました。まあ関係があるのかは分かりませんが…モヤっとします( 一一)

 スポンサーリンク

結論

冒頭にも記載しましたが、やはり普通郵便はおススメできません。メルカリ便等、追跡サービスが付いた発送方法を強くおススメします。

郵便局の方との電話の際にも「メルカリの普通郵便の調査依頼はかなり多い。普通郵便での配送は正直おススメできません」と言われましたし、メルカリのサイトでも普通郵便は推奨しないとの記載があります。

どうしても普通郵便がいい場合は特徴がある包装紙を利用することをおススメします。

今回のように調査依頼をする際、結局は配達員の方々の記憶を辿ることになりますので、記憶に残りやすい特徴あるものの方が見つかりやすいはずです。(ちなみに今回ぽたぽたは、普通の茶封筒で送っていました・・)

せっかく売るなら少しでも多く売上が欲しいところですが、トラブルを防ぐためにも、忙しい配達員の方々の負担を減らすためにも極力メルカリ便を利用しましょう!!

つたない文章でしたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

少しでもみなさまのご参考になりますように…。

メルカリ関連の記事

このサイト内でのメルカリ関連記事のご紹介です。よろしければご覧ください。

メルカリで子供靴の発送はゆうパケットプラス(ゆうゆうメルカリ)

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次(各項目にとべます)